カート
製品ラインナップ
絞り込み

  • ホーム
  • BTOパソコンとは? 仕組みやメリットさらにおすすめのBTO PCメーカーを紹介

BTOパソコンとは?仕組みやメリットさらにおすすめのメーカーを紹介

これから新しくPCを購入しようと考えている方は様々なタイプのPCを比較検討しているのではないでしょうか。

メーカー既製品も沢山ありますが、なかなか希望にかなうPCが見つからない場合、BTOのPCという選択肢もあります。BTOパソコンなら自分好みのPCにカスタムできます。

ここではBTOのPCについてその特徴やメリットとデメリット、さらにおすすめのBTOパソコンメーカーをご紹介します。

BTOのパソコンとは?

BTOのPCとは一体どんなPCなのでしょうか。

<受注生産>
BTOは『Build To Order』の頭文字を集めたもので、文字通りオーダーを受けて組み立てる、つまり受注生産という意味になります。BTOのPCは自分の希望に合わせてパーツを選び、その通りに組み立てて納品してもらいます。

<注文は簡単>
あまりパソコンに詳しくない場合は難しく感じるかもしれませんが、BTOといえども一から自分でカスタマイズしていくわけではありません。多くのBTOメーカーでは基本モデルのPCが用意されていて、注文フォーム上で、OSやCPU・グラフィックボード・メモリ、ソフトなどを予め用意された選択肢の中から変更・追加していくだけです。

<納期・価格>
通常のPCとは違い、注文が入ってから組み立てるのでその間は待つ必要があります。納期はメーカーやモデルなどによりますが、早い場合は数日で出荷できることもあります。価格はそれこそピンからキリまでということになりますが、ベーシックな仕様であれば既製品より安くなる場合もあります。

パソコンを自作するより気軽に、既製品のパソコンよりパーツにこだわることができるのがBTOのPCの特徴と言えるでしょう。

BTOのPCのメリット

BTOと既製品のパソコンにはどちらにもメリット・デメリットがあります。まずはBTOのPCのメリットを見ていくことにしましょう。

メリット1.自分の希望のPCが手に入る

なんと言っても自由度の高さが最大の魅力でしょう。

一般的にパソコンを購入する際には、用途に応じて大まかにカテゴリーが決まっていると思います。

ごく一般的な用途なのか、本格的なゲームを楽しみたいのか、仕事で特殊なソフトを使用するのかなどです。

この時点で大まかなジャンル(Apple製品かWidndowsか、ノートパソコンかデスクトップかなど)が決まってきますので、次にCPUやGPU、メモリなどの個々のパーツのスペックやメーカーなどの選択に入ると思います。

<既製品の場合>
ここまでの条件でいろいろなメーカーから、本体のサイズやデザインそしてなりより価格のバランスも考えて自分に合った機種を既製品の中から探すのが一般的なパソコンの探し方になります。希望の条件にぴったりと合う商品がない場合どこかを妥協することになるでしょう。

<特殊なPCの場合>
特にこだわりが強い方や仕事柄一般的でないスペックや特殊なPCを探している場合は、そもそもそのようなジャンルのPC自体が既製品では見つからないという場合も少なくありません。

既製品のPCはなるべく多くのユーザーに合うように一般的なスペックで構成されていますので非常にハイスペックなPCや欲しい人が限られているような仕様のものはなかなか作られていないのが現実です。

<BTOパソコンであれば>
選択肢の中からパーツを選んである程度PCをカスタムすることができるので、希望通りのPCを手に入れられる可能性は高くなります。

<ゲーミングPCの場合>
近年のオンラインゲームはグラフィックスが非常に精細で情報処理量が多く、PCに求められる性能が飛躍的に上がっています。そのためゲームを本格的に楽しみたい場合は通常のPCより高スペックなパソコンが必要となっています。

そのためもあって、ゲーミングPCは自作される方も多いですが、パーツを自由に選べる代わりに、組み立てた後に動かない場合や、後々になって不具合や故障が発生した際も全て自己責任になってしまいます。また当然ながら自作するにはそれ相応の技術や時間が必要になるため多くの方にとっては現実的な選択肢とは言えません。

BTOパソコンであればグラフィックスや冷却機能搭載のゲーミングPCをある程度カスタムすることができますし、価格も大手メーカーの規制品よりは安くなることが多いです。

参考:ゲーム好き必見!ゲーミングPCとは何か?選び方のポイントを解説
 

メリット2.余計なソフトが入っていない

既製品のPCを購入すると沢山のソフトがプレインストールされています。便利なソフトもありますが、ほとんどのソフトは必要ないのではないでしょうか。

使わないソフトが入っているのは余計なリソースを使って無駄なだけです。中にはシステムに常駐してPCの動作を遅くしているソフトもあります。

自分の納得できるソフトだけを選んで使いたい方にとっては、いらないソフトが入っているのは邪魔でしかありません。

BTOのPCであればパソコンのパーツだけでなくソフトも必要なものだけを自分で追加することができます。不要なソフトが入っていないのでストレスなく使い始めることができるでしょう。
 

メリット3.パソコンに愛着がわく

すでに何度も言いましたがBTOのPCは自分でパーツを選びカスタムすることができます。

PCのサイズはどうしよう、CPUやグラフィックス、メモリはどれがいいかなどじっくり考えながら注文するため、それだけ自分のPCに愛着がわきます。愛着が強ければそれだけ大切に使えますし、長く使っても飽きにくいです。

BTOのPCのデメリット

次にBTOのPCのデメリットも確認しておきましょう。BTOの場合既製品を購入するのと比べると購入する際の手間がかかったり、注文してすぐに手元に届かないといった注意点があります。

デメリット1.注文するのにある程度のPCの知識が必要

BTOのPCの注文は、注文画面でパーツごとに予め準備された選択肢から好みのものを選んで行くだけなので難しくはありません。

ただし、CPUやGPUとは何かとか、HDDとSSDの違いはなど、ある程度のPCの知識は必要になります。既製品のPCを選ぶ時にも必要な知識ではありますが、調べてもよくわからないというケースも当然あるでしょう。

自分にピッタリのPCのスペックがよくわからない、カスタム項目がよくわからないという場合は、電話で購入相談ができるBTOメーカーを選ぶようにしてください。
 

デメリット2.パソコンを購入してから手元に届くまでにタイムラグがある

BTOのPCは購入手続きをしてから手元に商品が届くまで数日間から数週間のタイムラグがあります。

今使用しているPCがまだ使えるうちに買い替えるなら問題ありませんが、PCが壊れたので今すぐ新しいPCが必要だという場合や、仕事でどうしても明日から使い始めたいという場合には不向きです。


 

BTOパソコンのおすすめメーカー

BTOのPCを扱うメーカーは沢山あり、それぞれに特徴があります。ここでは目的別におすすめのメーカーをいくつか紹介します。

<パソコン工房>初心者サポートが充実

とにかく安いパソコンが欲しい、カスタムが簡単なBTOがいいという場合におすすめなのはパソコン工房です。普段使いするだけでCPUにこだわらない場合はお値段が特にお得になりますし、カスタムの項目もさほど多くないので比較的簡単に注文できるでしょう。注文の際に迷った際には電話での相談にも応じてもらえますが、10時から18時まで年中無休なので助かります。出荷は注文から1週間から2週間です。

<パソコンショップSEVEN>カスタムが充実

SEVENはゲーミングPCやハイエンドPCを中心に扱うメーカーです。各モデル選択できるパーツの項目やその選択肢が非常に多く、まるでPCを手作りしているような感覚になります。注文してからほとんどのパーツを組み立てるにもかかわらず最大5営業日で出荷というスピードも魅力です。

<ドスパラ>最短2日で届く

ドスパラは国内工場で注文を受けたPCの組み立てを行うメーカーで、最短で注文から2日で出荷されるスピード感が魅力です。購入の相談は電話だけでなくメールでも受け付けてもらえるなどサポート体制もしっかりしており、「Intel Partner of the Year 2021」アジア太平洋・日本部門など数々の賞の受賞歴を持ちます。カスタムも比較的わかりやすく、初心者でも利用しやすいでしょう。

 

<まとめ>

今回はBTOのパソコンについて紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

既製品でなかなか納得できるPCが見つからない、規制品より安く手に入るPCはないか探しているという方は、BTOでPCをカスタムしてみてください。

自分でパーツを選ぶことで希望通りのPCを手に入れることができますしより一層愛着もわくでしょう。ただ納期がかかる場合があるのでその点は注意してください。